ミクシィグループ公式ブログ

ミクシィグループの様々な取り組みや最新情報をご紹介させていただきます

すべての議事録や数値をオープンに! ~ 私流事業の考え方 ~スタジオフンザ笹森良

こんにちは。コーポレート・コミュニケーション室です。

ミクシィグループの役員やグループ会社社長と、これから社会人として成長が期待されている2017新卒の対談企画です。ボードメンバーとのコミュニケーションを通じて、これから社会人として成長をしていくための学びを得るために、新卒の目線から様々な質問を投げかけました。

第二回目のインタビュイーはスタジオフンザの笹森良さん。
インタビュアーは、Vantageスタジオ みてね事業部 大澤祐太さん、XFLAG事業部 XFLAG ARTS ファイトリーグG 向後新奈さん、スタジオフンザ チケットキャンプ事業部 CSG チャットTの鹿野智愛さんの3名です。

f:id:mixi_PR:20170904161559j:plain

左から、鹿野さん、笹森さん、向後さん、大澤さん。

 

//毎日の朝会で全従業員に対し、事業の数値をオープンにしているのはどのような効果を狙っているのでしょうか?

朝会で数値をオープンにしている理由は、経営判断の透明性を共有するためと、日々の判断からの事業のトレンドを全社員に知っていて欲しいという思いで行っています。また、経営を意識して一緒に考えられる人たちと仕事をしたいという思いもありますね。

隠された情報があると、知ることのできる範囲でしかその人の能力が成長できなくなってしまうと考えているので、会社としてオープンにしていないのは個人個人の給料ぐらいです。インターネットの会社は年功序列なんてありえないし、20代の若い人にこそサービスを作るチャンスがあるべきだと常に思っていて、成長をしたい人にとって欲しい情報が全て手に入る環境を作るようにしています。

フンザを創業して4年と少しが経ちましたが、創業0日目から全部の議事録が残っていて、その時々のフンザにどんな悩みがあり、どんな判断の積み重ねでできているのか誰でも知ることができます。アウトプットしたものは蓄積されることで価値が上がっていくと思っているので、情報は常にオープンにしていたいという思想がありますね。

f:id:mixi_PR:20170904161629j:plain

 

//採用する際に面接では何を大切にしていますか?

面接は嘘をつく場所のようなところがあるのですが、相手が嘘を言っていないかどうかはすごく大事にしています。面接をする時に不安なことがあればこちらからも言って、自分自身や会社のネガティブなところもはっきり伝えて、どう誠実に先方が返してくるかの反応をみます。

自分のパートナーになるような職域の人の採用では、ロジックで議論できる人がほしいので、マイケル・サンデルの授業のように賛成派と反対派の立場を作り出して、どんなディスカッションができるかを楽しみながら面接したりすることもあります。

 

//フンザに入った新卒に何を求めていますか?

そうですね。まず、新卒格差を感じていて、ポテンシャル採用されている新卒と技術を持っていて採用されている新卒と二分されているなと思っています。今後ポテンシャル採用は減っていくんじゃないかと考えています。
例えば、インターンで自動車をゼロから作ることに関わったりするのは受け入れる側も少ないし難しいことだけど、インターネット業界においては制限もライセンスもいらなくて、自分でやろうと思ったらなんでもできる環境が用意されているわけです。

インターンでフンザに来ている大学生でもすでに数社のスタートアップの立ち上げを経験していたり、知人のベンチャー企業の経営者で22~23歳の人もいるけど、見ている視点や張っている角度が全く違うので、そういう人たちと同じ土俵で仕事をしていくんだとしたら、その格差を埋めて行く努力をしていく必要があると思います。

f:id:mixi_PR:20170904161656j:plain

 

//フンザでは少数精鋭を大切にしているそうですが、どのような考えがあってなのでしょうか?

少数精鋭の考え方については、小さい組織を良しとしているわけではなくて、「一人の裁量と責任が明確な組織でいたい」という思いがベースになっています。
ユーザーや上司、同僚から仕事に対するフィードバックがあると成長につながる刺激を得られると思っているのですが、参加者が多いほどフィードバックが分散されていってしまうし、責任者が曖昧になってしまいます。なので、フンザでは可能な限り小さな単位、多くの場合は1人で動かなければならないプロジェクトに分解してどんな業務でも主人公感が感じられるような組織を目指しています。

【集え挑戦者!XFLAGアート道場!開催前インタビュー】だからXFLAG スタジオが生み出すキャラクターは面白い!キャラクターデザイナーの努力やこだわりの舞台裏

f:id:HR_mixi:20170817140630j:plain

こんにちは、人事部の酒井です。
キャラクターデザイナー志望学生に向けたXFLAG スタジオ 短期インターンシップのお知らせです。
https://mixi-recruit.snar.jp/jobboard/detail.aspx?id=AIFkaEnIOr0
8月31日(木)に、【【1day】集え挑戦者!XFLAGアート道場!】を開催することとなりました!
今回は、講師を担当するデザイナー三人にインタビューを実施し、キャラクターデザイナーの仕事や短期インターンシップの内容についてお話を聞いてきました。

------------
手島桃(左):2015年中途入社/モンスト事業本部モンストアートグループに所属し
       リーダーを務める
石井真奈美(中央):2017年新卒入社/モンスト事業本部モンストアートグループに所属
向後新奈(右):2017年新卒入社/XFLAG事業本部ファイトリーググループに所属
------------

■キャラクターを作り上げることの楽しさと難しさ

━━━━手島さん、石井さん、向後さん、本日のインタビューよろしくお願いします。まずは手島さんから質問させてください。モンスターストライク(以下モンスト)のキャラクター制作に関わるグループ構成について教えてください。

手島:モンストのキャラクター達を産み出すまでに、大きく3つのグループが関わっています。ゲーム内の企画グループ。企画グループが制作した指示書を元にキャラクターの骨子を作り、性格など内面の細かい設定を作り上げていくサポートグループ。それをもとに実際にイラストとして魅力的に仕上げていくのが、私の所属するモンストアートグループになります。
私はモンストアートグループのなかでも、主に国内版モンストのキャラクターや超絶・爆絶といったゲーム難易度ごとに登場するキャラクター、獣神化という新たな進化を遂げたキャラクターなどのイラスト制作を手がけるチームのリーダーをしています。

 ━━━━リーダーとしてどのようなお仕事をされていますか?

手島:現在は、チーム全体の制作状況の確認や品質管理、イラストにおけるディレクションや制作も担当しています。

f:id:HR_mixi:20170817140702j:plain

━━━━多岐に渡り活躍されていますね!ディレクション業務についてもう少し詳しく教えていただけますか?

手島:モンストでは、社外の制作パートナーの方と協力して制作するケースも多いので、XFLAG スタジオとして届けたいキャラクターの特徴や世界観、こちらの意図が明確に伝わる様に、イメージの橋渡しをする役割を担っています。それに加えて品質を守る為に、魅せ方の工夫、アイデアなどを提案します。ディレクションをする人がキャラクターのイメージの軸をしっかり持っていないと、絵に落とし込むべき魅力がブレてしまい、「何を見せたいのか」「何がこのキャラクターのテーマなのか」が伝わりづらい、ピンとこないものが出来上がってしまうので、とても重大な役割です。

━━━━モンストの個性豊かなキャラクターが、緻密な設定から誕生していたということが分かりますね。XFLAG スタジオだからこそ味わえる刺激や仕事の面白さはどのような部分だと思いますか?

手島:面白いアイデアがどんどん生まれる環境ですね。面白いアイデアに対して、皆とても熱心なんです。どんどん新しいことにチャレンジしていこうとする姿勢にワクワクします!

━━━━XFLAG スタジオらしい面白いアイデアというと、具体的にどのようなものがありますか?

手島:斬新なキャラクター設定ですね。
例えば、宮本武蔵と佐々木小次郎を題材にした場合、一般的には因縁のライバルとして描かれていることが多いと思います。しかしモンストでは、武蔵と小次郎が巌流島で決闘を行なったエピソードから、巌流島で待ち合わせ、待ち合わせといえばデート、デートで待ち合わせをして待っている小次郎、そして武蔵と小次郎がまさかの夫婦、という様な流れで設定にアレンジを加えています。びっくりしますよね(笑) 
今までのイメージを覆す大胆なキャラクター設定ですが、皆さんに驚きや今までなかった面白さを届けられたと思っています。

━━━━”ユーザーサプライズファースト”(ユーザーに常に新たな刺激や驚きを提供し続けたいというXFLAG スタジオが大切にしている考え方)を掲げるXFLAG スタジオらしさがアウトプットに表れているひとつの例ですね。今後もどんなキャラクターが誕生するのか楽しみです!

 

■内定者アルバイト時代からの成長と変化

━━━━次に、石井さんにお話を伺いたいと思います。石井さんは内定者時代にXFLAG  スタジオでアルバイトをしていましたが、当時はどのような仕事をしていたか教えてください。

石井:当時は、線画の一部分や、ボール絵と呼んでいるキャラクターイラストを小さくデフォルメしたもののレタッチなどを担当していました。

━━━━現在はどのような業務を担当していますか。

石井:社外の制作パートナーさんから納品されたイラストの仕上げ作業、線画や塗りなど実際のイラスト制作業務、加えて最近ではディレクションも行うようになりました。仕上げ作業では、ゲーム内でイラストがより魅力的に見えるように色味や塗り方を調整しますが、なかなか思うようにできず、思っていたより時間がかかってしまうこともまだあります。

f:id:HR_mixi:20170817140729j:plain

━━━━手島さんは石井さんが内定者アルバイトの時代から一緒に働いていましたが、当時と比べてどのような変化を感じますか?

手島:アルバイト時代から、石井さんのキャラクターデザインに対する熱量が高いと感じていました。
しかし、当時は出勤日数が限られていたので、溢れんばかりの想いを上手く表現に落とし込めずにいるのでは?と感じることもありました。現在は正式に配属となったので全力で制作に関わることができ、アルバイト時代より活き活きしているように見えます!

━━━━アルバイト時代から自分の成長を見守ってくれている先輩がいるのは心強いですね!石井さんの担当したイラストが数体リリースされたそうですが、その時はどんな気持ちでしたか?

石井:何千万人ものファンの皆さんの目に届くという喜びと共に、重い責任を感じました。一度リリースされたものはやり直しがきかないので、「【これで】良い」ではなく「【これが】良い」と思えるように、妥協をせずに作りきることがいかに大切なのか、痛感する瞬間でした。
完成したと思っても、後から「もっと良いものにするにはこういう手法もあったな」と、新しいアイデアがどんどん出てくることもあります。そういった盛り込みきれなかったアイデアは、次からの制作に生かしてより良いものを作っていけるよう、日々勉強しながら制作に取り組んでいます。

 ━━━━初めてのリリース時に感じた思いをバネに、これからも妥協しないものづくりに励んでいってください。

 

■新卒1年目から激動のスタート!

━━━━最後に向後さんへ質問です。新規事業であるファイトリーグのチームに配属されると分かった時は、どのようなお気持ちでしたか?

向後:配属された当時はまだファイトリーグがリリース前ということもあり、自分がファイトリーグのキャラクターデザイナーとしてどのように活躍していけるのか、不安な気持ちがありました。
ですが、キャラクターデザインを通じて、これから皆さんに驚きと魅力を届けることができるという楽しみと、まだ体験したことのない仕事をすることに対して、未知の冒険に挑むようなワクワクを感じ、不安な気持ちよりも楽しみな気持ちが大きくなりました。

f:id:HR_mixi:20170817140752j:plain

━━━━現在はどのような仕事をされていますか?

向後:ファイトリーグのキャラクター制作の工程は、モンストとは異なり、キャラクターデザイナーがキャラクターとモチーフをそれぞれ考え、いくつか案を出すところから始まります。また、ファイトリーグではキャラクターが3Dとしても登場するので、3D制作チームに渡す設定画の制作もしています。設定画とは、キャラクターの装飾品や後ろ姿などの詳細情報を記載したものです。キャラクターイラストのみだと、3Dのデザインを制作する時にどうしても足りない情報があるので、そこを補完するために制作しています。
私はその3D設定画も含めたキャラクター制作の全工程を担当しています。

 ━━━━色々な作業を担当している中で、苦戦していることはありますか?

向後:ファイトリーグには、ゲームの世界で5つのブランドが存在していて、ブランドごとに表現すべき要件が全く異なります。異なるブランドを表現することは想像していたより難しい作業です。また、キャラクターの性格などの内面部分を上手くデザインに反映させることが難しく、日々苦労しています。ですが、上手くデザインに落とし込むことができた時はとても嬉しく、キャラクターデザインの奥深い面白さを感じています。
細部までこだわって制作したキャラクターがもう少しでリリースされる予定なので、その日が待ち遠しいです!

━━━━リリースされる時のことを考えると今から楽しみですね。今後の活躍を期待しています!

 

■キャラクタデザイナーの仕事の全貌を公開する特別なインターンシップを開催!

━━━━講師として参加する短期インターンシップについて、詳しく教えていただけますか?

手島:8月31日(木)に「【1day】集え挑戦者!XFLAGアート道場!」という短期インターンシップを行います。
今回のインターンシップでは、面白いものをユーザーに届けるというXFLAG スタジオの熱量の高さを学生の方に体感してもらいたいという思いから、実施することになりました。
内容としては、モンストやファイトリーグでの制作事例や実務の制作フローをもとに、キャラクターデザイナーの詳しい仕事内容を紹介する講義と、実際にキャラクターの制作を行うワークショップを実施する予定です。

f:id:HR_mixi:20170817140816j:plain 

━━━━このイベントに参加するメリットはずばり何でしょうか?

手島:実際のキャラクターデザインのワークフローを知る事ができることです!テーマ決めから設定書の作成や作画工程についてなど、一連の流れに詳しく触れることのできる貴重な機会です。

━━━━それでは、最後に参加を考えている学生に一言お願いします!

手島:キャラクターデザインの経験が少ない方でも、臆せずにぜひご応募いただきたいです!また、世界観を構築することが好きな方や自分自身で何かを表現したい方、面白いことに敏感な方にもぜひ参加してもらいたいですね!

向後:XFLAG スタジオのキャラクターデザインの仕事は刺激的で本当に楽しいです!ファイトリーグのキャラクターデザインについて聞きたいことがあったら、どんどん質問してほしいです。

石井:インターンシップに参加し、実際に仕事をしている社員と触れ合うことは緊張すると思いますが、新しい発見が必ずあると思います。

ーーーー

ソーシャルゲーム全盛期であり、数多くのキャラクターが存在する中で、XFLAG スタジオらしい個性豊かなキャラクターを作り上げるためのこだわりや、今までなかった驚きを生み出すための舞台裏について聞くことができました。
今回の短期インターンシップに参加すると、XFLAG スタジオのサービス作りに対する熱量の高さと共に、自分自身のキャラクターデザインにかける熱い思いも再認識できると思います。
この貴重な機会をお見逃しのないよう、ぜひご応募お待ちしております。
https://mixi-recruit.snar.jp/jobboard/detail.aspx?id=AIFkaEnIOr0

f:id:HR_mixi:20170817140834j:plain

 

【UI/UXワークショップ開催前インタビュー】ユーザーを知る。自分を知る。ワークショップは発見がいっぱいです。

f:id:mixi_PR:20170712104336j:plain

こんにちは、新卒採用担当の酒井です。

さて、本日は学生インターン希望者に向けた実践型デザインワークショップのお知らせです。

8月7日から2日間、【スマホアプリのUI/UXデザインワークショップ】を開催いたします。

新規スマホアプリの立ち上げやUI/UXデザイン設計などの経験豊富なデザイナーが講師となる実践型のデザインワークショップとなります。

 

講師を担当する2016年新卒入社のウーレンさんにインタビューを実施し、これまでのデザインへの関わり方やワークショップに参加する面白さを語っていただきました。

続きを読む

【DeNA×ミクシィグループ】渋谷から健康の輪を!ヨガ&ヘルシーフードの交流会

こんにちは、ミクシィグループ 人事部です。

わたしたちは、社員にはこころすこやかに業務を遂行してほしいという想いがあります。

その想いを形にするべく、健康経営に関する共同研究や事業立案のために渋谷の企業・団体が集う「渋谷ウェルネスシティ・コンソーシアム」に参加し、各社共同で取り組みを進めています。
f:id:mixi_PR:20170705151440j:plain

今回は、日頃から情報交換をする中で、「楽しく健康に関心を持ってもらいながら、同じ地域で働く社員同士が交流できるイベントをやってみよう!」と、株式会社ディー・エヌ・エーさまと合同で、ヨガ&ヘルシーフードの交流会を開催しました。

続きを読む

【就業型インターンシップ参加者インタビュー】Webサービス開発経験0からの挑戦!初めてだらけの中でも大きく成長できたインターンシップの内容とは

こんにちは、新卒採用担当の酒井です。

今回は、2017年新卒社員であり、2015年に就業型インターンシップ「Dive into mixi GROUP 」にエンジニアとして参加してくれた林さんと田村さんにインタビューを実施しました!

ミクシィグループのインターンシップに参加するまで、Webサービスの開発経験がほとんどなかった2人が、インターンシップへの参加を決めた理由や、実際に体験した業務内容、インターンシップを通して成長した点など語ってくれました。
f:id:mixi_PR:20170630124853j:plain

続きを読む